【ステビア・新甘味成分】レバウディオサイドM

ステビアは、葉に甘味成分が多く含まれています。

その種類は、確認されている種類で、10数種類あるのですが、
今回、新たに新しい甘味成分「レバウディオサイドM」が発見されました。
この甘味成分は、従来のステビア甘味料とは全く異なる良質な甘味を持つことが分かり、新しい天然甘味料として、2020年をメドに商品化を予定、世界主要国に対して「守田化学工業株式会社」が特許を申請しています。
昭和46年(1971年)に世界で初めてステビア甘味料を商品化し、天然甘味料の業界をリードしてきたステビア甘味料のパイオニア、守田化学工業株式会社(大阪府東大阪市)は去る3月16日、次世代天然甘味成分の特許を取得しました。
★2020年をメドに商品化予定

「レバウディオサイドM」は砂糖の約600倍の甘みを有し、天然甘味料の中でも最も砂糖に味が近く、注目を集めています。甘味料は糖尿病やダイエットで砂糖を控えている糖質制限のための食品に利用されてきましたが、味を犠牲にしていた面もあります。「レバウディオサイドM」は、甘味料独特の後味や違和感が全くないため、低糖質の商品や低カロリー商品が、よりおいしくなることが期待されており、今後は砂糖の代わりに利用される可能性があります。
健康志向が高まり天然甘味料の需要が高まる中、同社は、美味しい天然甘味料を作りたいという研究から「レバウディオサイドM」を発見。既に日本、米国、欧州(EU)、マレーシア、韓国等で特許を取得。グローバル企業数社とライセンス契約を結び、世界市場を見据えています。昨今は生活習慣病の予防から砂糖税を導入する国が増えており、今後は砂糖の代替え品として更なる需要が見込まれます。

※記事引用:糖尿病ネット