ステビアに関する研究がNature Communications” 誌に掲載

◆最近のステビアに関する論文、及び学会発表(2017年4月)
「ルーヴェン・カトリック大学(ベルギー)」などのステビアに関する研究がNature Communications” 誌に掲載された。
甘味料のステビアにインスリンの放出を促す作用のあることがわかったとの内容。

●1.甘味料ステビア
ステビア抽出物は、砂糖のゼロカロリー代替品として非常に人気があります。その植物由来の甘味料は、血糖値にもプラスの効果をもたらすと信じられていますが、それが何故なのかは誰も理解していません。ルーヴェン・カトリック大学細胞分子医学部の研究者達が、その基本となるメカニズムを明らかにしています。彼らは、同大学の他の研究者達や、ルーヴァン・カトリック大学とオックスフォード大学の研究者達と、共同で今回の研究を行いました。

●2. イオンチャネルTRPM5
彼らの実験は、ステビア抽出物の活性成分である、stevioside(ステビオシド)、steviol(ステビオール)が、イオンチャネルTRPM5を活性化する事を発見しています。イオンチャネルとして知られているタンパク質は、極小の荷電粒子が、細胞を出入りするのに通過する極微の経路の一種です。こういったチャネルは、体内の多くのプロセスに関与しています。
TRPM5 (Transient receptor potential cation channel subfamily M member 5) = 一過性受容器電位チャネルサブタイプM5、melastatin-5 (メラスタチン-5)とも呼ばれるらしい。

TRPM5は、何よりも先ず、舌の、甘み、辛味、旨味の味覚認識には欠かせません。

味覚は、TRPM5を活性化するステビア成分のステビオールによって高められてさえいます。この事が、ステビアの極甘フレーバーだけではなく、苦い後味も説明しています。

TRPM5は、膵臓が、食後に十分なインスリンを放出することも保証し、その結果、異常に高い血糖値と2型糖尿病の発症を防ぐ手助けをします。この症状は、大抵、不摂生な生活スタイルの結果として、膵臓が不十分量のインスリンを放出する場合に起こります。

もし、ネズミが、長期間、高脂肪食を摂取すると、糖尿病を発症します。しかし、日用量のステビオシドを与えられたネズミにはあまり発症しません。つまり、ネズミ達は、ステビオシドによって保護されている事になります。ステビアは、TRPM5なしのネズミに対して、この保護効果を与えませんでした。この事は、異常に高い血糖値と糖尿病に対する保護が、ステビア成分によるTRPM5の活性化によることを示唆しています。
●3. ステビア療法は先の話
本研究は、糖尿病をコントロールしたり、潜在的に防止するための新しい治療法の開発に道を開いていますが、先走りするべきではないと、Philippaert氏は警告しています。本研究は基礎研究で、糖尿病用の新しい治療法を考えるのは、まだまだ先の話です。一例を挙げると、ネズミに投与された用量は、人が摂取する、清涼飲料水や他の製品に含まれるステビオシド量よりはるかに大量です。さらに、我々の発見が、すぐに人に対して適用できるのかどうかを明らかにするための研究が必要です。

この事全てが、糖尿病のための新しい治療法が、今後しばらくの間は、開発されることがないことを意味しています。

ステビアが糖尿病に効果があるかどうかは、ネズミを使った実験段階なので、その結果がそのまま人間に当てはまるかどうかについては、今後のさらなる研究が必要なようです。とは言っても、ステビアが糖尿病に効果的の場合、甘党にはかなりの朗報かもしれません。ステビアの大量摂取の問題もありますが、その点についても、今後どんどん研究されていくはずです。
http://www.nature.com/articles/ncomms14733
出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)  

————————————————————————

★関連する論文
この論文の内容から、関連する論文を調べてみた。

●TRPM5チャンネルは味細胞の中でも特に、甘味、旨味を受容するⅡ型細胞に発現することがわかっており、その下流のシグナル伝達に関与するも明らかになっている。(福岡歯科大学)

●膵臓のβ細胞に発現するTRPM5チャンネルはインスリン分泌に関与している(東北大学)

●味蕾以外の 組織における 甘味受容体の発現
甘味受容体は蕾だけでなく 、腸管内分泌細胞のような味覚 受容に関与しない細胞にも発現してることが明らかになっている。腸管内分泌細胞における甘味受容体の刺激は、 1(GLP(GLP (GLP-1) およびグルコース依存性インスリ分泌ポペプチド(GIP)のようなインクレチの放出を惹起し、腸上皮細胞におけるナトリウム依存性グルコース輸送体 SGLT1SGLT1 SGLT1SGLT1の発現 を増加させ、 腸管腔からのグルコース吸収を増加させる。(群馬大学院医系研究科 群馬大学院医系研究科)