【ステビア国内栽培】加工食品の原料原産地表示の義務化が決定しました~~(^^♪ (シェアステビア)

今日は、加工食品業界に、ある意味・・・衝撃的なニュースが発表されました。

以前、当社のブログでも少し触れましたが、

 

加工食品の原料原産地表示の義務化が決定しました~~(^^♪

 

具体的には、一番最初(先頭)に表示する含有量が一番多い原料についての表示義務になります。

このニュースについては、また後日改めてレポートします。
今日は、ポイントだけにしますね。

ステビア健康食品業界のケースについて言うと・・・

 

◆タブレット(錠剤)系の場合
ステビア粉末(ステビアを乾燥させて粉末化したもの)が一番最初(先頭)に記載されていることがあります。

輸入ステビアの場合、全て粉末に加工されているので、中間加工品になると思うので、この場合は加工した国、ステビアの場合は中国産がほとんどで、中国で栽培されたステビアは中国で粉末まで加工された状態で輸入されていますので、当然「ステビア粉末(中国)」と記載することになります。

 

 

◆ステビア健康食品のドリンク系の場合
清涼飲料水も加工食品になりますので今回の法規制の対象になります。
清涼飲料水の場合、「水」は記載しなくてもOKなので2番目に多い液体成分が記載されます。

 

ステビア発酵エキス100%の製品も業界にはありますが、その場合の原材料原産国表示は、当社の調べではそのメーカー様のステビア原産国は中国なので「ステビア(中国)」と記載することになります。
あとは、ステビア発酵エキス以外に色々配合されている製品の場合。
ステビア成分が多く配合されているイメージを作りたいがために、先頭に記載されている成分が「ステビアエキス」と記載されている場合があります。これは「ステビア甘味料」のケースが多く、ステビア発酵エキスではありませんのでご注意ください。

 

ステビア甘味料の場合、ステビアの栽培産地が中国であっても、甘味料に加工するのを日本で行なった場合は(国内製造)と記載することになるため、原料原産地が不明になります。原料原産地の記載がされていない場合は、ステビアの栽培はどこで行われたものですか?と、メーカーに問い合わせをしましょう!
このニュースをレポートしたのは言う間でもなく・・・

 

当社では、100%★日本産★で、有機JAS認証+埼玉県小川町の有機農家さん栽培のステビアしか、使用しないため、このニュースは追い風&差別化になるからです。

 

◆ヤフーニュースのリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161005-00000006-asahi-pol

 

◆消費者庁の詳細資料
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/other/pdf/161005_shiryou1.pdf

 

気候の寒暖が激しく風邪気味のため、今日は、ここまでです。
また、続きを近日にレポします!

 

◆クラウドファンディング:レディーフォーにチャレンジ中です!
応援、ご支援よろしくお願いいたします。
★夫婦の挑戦!衰退する埼玉県小川町でステビア産業を作ります!
https://readyfor.jp/projects/8979

 

ステビアまたは当社にご関心を持っていただいた方、ぜひWin Winになるコラボをしましょう!
個人、法人問いません。
何なりとお問い合わせくださぁ~い (^^)/~

 

唯一、国内有機栽培ステビア使用の健康商品ピュアステビア (^^♪

★株式会社シェアステビア
http://sharestevia.com
welcome@sharestevia.com