【メルマガ】『なぜ国内&自社栽培をするのか』(シェア ステビア)

■2016. 3. 24━━━━━━━━━━━■■■

[2016年創刊]
第8号 シェアステビア

◆テーマ: Make history of Stevia ★

・正しい真実で、ステビアの歴史を塗り替えます。
・新しい、ステビアの歴史を作ります。
・ステビアの歴史を塗り替えるほどの研究開発と製品開発をして参ります。

の3つをテーマにお届けして参ります。
               
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■

メルマガ第8回のはじまり、はじまりです
(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

<今週のお題目>

『なぜ国内&自社栽培をするのか』
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━■

暖かくなってきましたね~!

当社の目の前の仙元山の麓には、ふきのとうがワンサカ出ていて、先日はふきのとうジェノベージソースを作ってしまいました。

そんな春の訪れ真っ只中・・・
★いよいよスタートしました~!
畑にステビアの苗を植え替えました。

午後イチ(午前中はネギをステビアの近くに虫よけになるかも、と植えました)
で、まずは高橋農園さんにての植え替え。
植え替えの様子を1分動画にて

ちょっとしたことでも色々とコツがありますね。
たくさん教わりしました。
例えば、まだ少し寒いので不織布を被せておくのですが、被せ方とか。
資材は、近隣だとどこが安いとか。
★今日は、当社がステビア自社栽培&国内栽培をする理由を少し書きたいと思います。

海外で安く調達できるステビアは、入手できる可能性があります。
可能性なので、逆の、できない可能性もあります。

★海外産のステビアを使用する場合のデメリットやリスクについて
(よくよく分析すると結構リスクが高いことが見えてきます。)

1.当初予定していたパラグアイのように、自然災害のリスク

 

2.現地業者との連絡がとれなくなるなどの通信上やビジネス上のリスク

 

3.国交的に輸入規制がかかったりなどで輸入できなくなるなど政治的リスク

 

4.牛肉のBSEなどのように病気的な規制により輸入できなくなるリスク
  実際、中国産のステビアには、既に規制がかかり一部輸入できなくなっています。 
  その為、ステビア甘味料メーカーの多くは、中国でステビアをエキス抽出して液体にしてから輸入しています。
  つまり粉末状では輸入できなくなる可能性は今後充分にあり得るということです。

 

5.為替変動などや支払ったけど原料が届かないとか、輸入途中で消失するなどの金銭的リスク
  (相手に代金は払ったけど、原料が届かないリスク))

 

6.残留農薬の問題、栽培履歴の確認が困難による原料不備のリスク
  中国産の場合、国(日本の農水省)が調査をしても充分な資料が得られないほど農作物の栽培についてはブラックボックス=公開できない=法外な農薬などを使用している可能性大、ということです。
  参照⇒http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/zanryu/cyosa_h14/pdf/chp_2.pdf

7.ビジネス慣習の違いから起こる様々な行き違い

 

※他にも想定外のリスクがあるかもしれません。
これらのリスクを、日本国内産の有機&無農薬栽培100%にすると、上記のリスクの多くは限りなくゼロに近づけられると思います。そして、事業の継続性を高めるのが会社経営ですから、その道を選択するのは、当然と思います。
そのため、少し原料単価が高くみえても、ステビアを国産有機&無農薬100%にすることは、結果的には安くなる、ということです。
こちらの道を選択していない=中国の安い原料を使っているだけ、あるいはリスクヘッジ(危険回避)の具体策の提示や取り組みが現在何もされていない会社、消費者や代理店などへの説明がなければ、一時的なお金儲けを考えている以外にその理由はないと言えるでしょう。なぜなら、原料が入手できなくなったら商品提供ができなくなり会社は倒産に追い込まれるわけですから。

これらのリスクを無視して、粗悪な安い原料に、残留農薬・・・
これらの問題を抱えたままでステビア事業をそのまま進めれば、先が長くないことは火を見るよりも明らかです。
今回は、良きご縁に恵まれ、有機認証取得予定のステビアと、当社地元の小川町にて栽培するステビアは、共に★栽培記録付き★です。

 

小川町のステビアは、ちょいちょいブログでほぼリアルタイムでお知らせができます。
原料には、安全安心感が必須な時代です。

これだけの原料であれば、世界中どこに持って行っても通用する製品が作れるということです。

 

少し熱く書いてしまいましたが、当社の思いが伝われば幸いです。
植え替えをした翌日の昨日はラッキーにも雨!
以前は、雨天は好きではありませんでしたが、農業をするようになってからは、雨が嬉しくなりました。
小さいことですが人生観が変わりました。
当社と提携してステビア農法も取り入れはじめた武蔵ワイナリーさんが、【★小川小公子2015★】が完成したようです!
2月には手元に届いていたようですが、1200本あまりのワインボトルにご夫婦でラベル貼りをしていたようです。

 

一般販売は限定50本らしいのでお早めに~!
★武蔵ワイナリー 小川小公子2015一般販売とワイン会員申込みは
↓↓↓こちら
http://cart.fc2.com/age_confirm?user_id=musashiwinery
★小川ワイン祭り4/30
今朝、チラシとポスターPDF版が完成しました!
拡散・・・大歓迎!
PDFは、こちら
ワイン祭りPDF 両面
★武蔵ワイナリーHP http://musashiwinery.com
★今週末3/26は、小川町にある酒蔵3つを巡る、酒蔵祭りです!
無料バスが巡回しますよ~!
日本酒好きさんには、オススメです!
共に、楽しくステビアの良さをシェアして行けたらと思っております。

 

ビジネス展開上で何かご相談などございましたら、何なりとご連絡ください。

 

★HP作成も承っております!
難しいプログラムを組み込むようなことがなければ、SEO対策も考慮したそこそこのホームページ作成を相場よりも格安にて承っております。
一緒に、日々の更新も簡単な方法を伝授いたしております。
ちょっとしたウェブ制作会社さんよりは諸々詳しいと思います。

 

★現在新規受託中サイトは・・・
・Sunfarm高橋農園さん
・オガワマチグルメハウス平野さん
などです。

★過去実績は、こちら

お仕事のご相談は、こちら
welcom@sharestevia.com

そして、製品価格は業界相場の半額ほど!
★業界相場の半額の秘密は、こちら
http://sharestevia.com/価格について/
★当社の代理店を募集中です。
代理店様をご紹介いただくことも可能です。
代理店制度の詳細は、こちら
http://sharestevia.com/代理店制度/
★代理店様が使用できるショッピングサイトのサンプルページができました。
英語表記への返還もボタン1つでできます。
http://purestevia.buyshop.jp/
★フェイスブックページを設置しました。
https://www.facebook.com/sharestevia/
フェイスブック内にブログ記事が投稿されるようになりました。
★YouTubeにシェアステビアチャンネルを開設してあります。
簡単な動画が4つアップされています。
今後は、ステビア栽培の様子などをたくさんアップしていきます。
https://www.youtube.com/channel/UCGcSKgSOUzSyT0VQfxa_wiw

■■■━━━━━━━━━━━━━━・・・■

◆当SRC会員(無料メルマガ会員)の募集にお力をお貸しください。
まずは、500人を目標にしたいと思いますので、このメルマガを親しいお友達に転送してみてください。
現在のSRC会員の方から数人ずつ増えると、あっと言う間です!
友達も時々ある懸賞付きクイズにご応募いただき当選すれば、無農薬野菜3,000円相当分がプレゼントされますよぉ~★
それだけでもお友達にも喜んでいただけるかと思います。
ご協力よろしくお願いいたします。
m(__)m

まだまだ目標に距離があるので、どんどん宣伝をよろしくお願いいたします。
m(__)m

★メルマガ登録ページ★
http://sharestevia.com/srcについて/

■■■━━━━━━━━━次号に続く・・・■

———————————————
■メルマガバックナンバーは、↓↓ こちらでご覧いただけます。
http://sharestevia.com/category/ステビアメルマガ/
———————————————
■メルマガ登録
http://sharestevia.com/srcについて/
———————————————
■ご意見・ご感想は ⇒ welcom@sharestevia.com
———————————————
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】
 株式会社ShareStevia(シェアステビア)
 http://sharestevia.com/
〒355-0324 埼玉県比企郡小川町青山438-3
 メール: welcom@sharestevia.com
Fax : 050-3737-7729
 営業時間: 10:00~18:00

■━━━━━━━━━━Copyright (C) 2016■